ネット副業で月1万円〜2万円であれば簡単に稼げる。まずはライティングでスキルアップ。

ライティング

自宅で気軽に稼ぐのであれば「記事作成」「ライティング」がうってつけです。自分の経験を生かして書くことができるのでサクサク進むことができます。

PCがあれば本当に自宅で稼げるのでご紹介します。けど、ライティングで稼げる金額は期待しすぎないでくださいね。

クラウドソーシングなら月1万円から2万円は稼げる

プログラミングやデザインとなるとそれなりの知識やデザインソフトが必要になりますが、ライティングであればパソコンにないっているメモ帳オンリーで完了することが可能です。本当に主婦でも、学生でも簡単にお小遣いを稼ぐことが可能なのです。

というわけで、ちょっとご紹介します。

単純明快!記事を書くだけでお小遣いを稼ぐ

手っ取り早く稼ぐのであればクラウドソーシングです。きっと「ネット 副業」「自宅 ライティング」とかで検索している人であれば知っている当たり前のことかもしれませんね。有名どころでは「クラウドワークス」「サグーワークス」「シュフティ」などが上がります。もちろんこのようなクラウドソーシングは多数あるのですが、ライティング案件やスキルを生かせるサイトでオススメさせていただきます。

クラウドワークスクラウドワークスのライティング案件ですが、かなり群がっていますよね。

クラウドワークスでは、プロジェクト方式と呼ばれる一人へのお仕事依頼とタスク方式と呼ばれるとにかく数集めのお仕事依頼があり、後者は本当に気軽にお仕事をこなすことが可能になっています。

crowdworks02少し単価は低めなのですが、承認率が高いので数をこなせる人にはかなりオススメです。

10万円を超える場合は専業でないと厳しい

クラウドワークス」「サグーワークス」「シュフティ」でライティングのみでは10万円の収入を超えさせるるのはかなりの労力が必要になります。

シュフティ」を例にあげて、ざっと計算してみましょう。

シュフティ例「【初心者でもできる!】ブログ記事作成のお仕事★1記事1200字~350円!芸能、スポーツなど」ですと・・・
1記事1200文字で単価350円ですのの、100,000円を稼ぐとしましたら、単純に285記事書く必要があります。
10万円稼ぐのに34万文字です!

毎日1万文字書いても足りないのです。1記事1200文字を書くのに20分要したとしたら、6時間で18記事です。15日6時間記事を書いても270記事ですね。

いくら自宅で作業ができるといえでも、6時間ぶっとうしで記事を書いて10万円稼ぐのがこれくらい大変なのです。

チャリンチャリンシステムを作ると加速度的に売上られる

ライティングのみで10万円稼ぐのはどんなに辛いことは理解していただけたことでしょう。ということは月間20万円をライティングだけで稼ぐのは本当に大変なのですよ。

月間34万文字を3ヶ月も今させばそれなりに「書くスキル」がつくはずです。であればAmazonでKindle版書籍でも売ってみてはいかがでしょうか。「月間34万文字以上を書き続けるウェブライターの稼げる技」なんてタイトルで100円の売値であれば誰か購入するかもしれないですよね。月間100冊でも売れれば売れればそれなりに印税も入ってくると思います。

個人出版て1万部以上売りあげている人もいます。

Kindle版書籍を出版することで、通常のライティングんスキルも上がりますし、ネットで勝手に売れてくれればそれこそお小遣いアップにつながります。

月間20万円は難しいかもしれませんが、10万円の壁は越せると思いませんか?

ライターはライターでしかない個性を出して!

クラウドソーシングでの受注はそれまでなのです。いくら受注しても手は二つしかありませんし、活動時間も限られています。ですので、本当にライティングのみでは限界があるのです。

クラウドワークス」であれば開発案件やコンサルティング案件もあるので、趣味や経験を生かして単価の高い案件を狙う。「サグーワークス」「シュフティ」でライティングをこなすにも目標を持って、ある一定のところまで行ければ単価アップの交渉も可能になります。

やはりそのためには「個性」を出していくことが大切です。自分でしかできないこと、書けないことを確立させると月間1万円〜2万円の世界を飛びだすことができます。