気になる「在宅薬剤師」のメリット・デメリット

高齢化に伴い需要が高まっている在宅医療のひとつである「薬剤師訪問サービス」。薬局まで行くのが困難な方のために、患者の自宅まで薬の配達し、服薬指導などを行うサービスです。現在、多くの薬局が「薬剤師訪問サービス」を導入し、在宅患者への最適かつ効率的で安心・安全な薬物療法を提供しています。

薬剤師から見た「薬剤師訪問サービス」のメリット

患者との信頼関係が築ける

担当制やチーム制どちらの場合でも患者とのコミュニケーションは薬局より密接になります。
ひとりの患者に対して時間をかけて丁寧な医療を提供していきたい人にとってはこれは大きなメリットです。

薬の調整相談などで関連スタッフとの関係が強化される

処方する薬や量を決めるのは医師ですが、訪問サービスを行ううちに必要に応じて薬剤師から医師へ薬の調整を提案する機会が増えてくると思います。このように関連スタッフとの関係が強化されていくのは、医療というチームで遂行する任務の上で重要なことです。

複数の視点から問題点を見つけ改善につなげられる

チーム制で、チームで一人の患者を対応する場合、浮かび上がってきた問題点をチーム全員で取り組んでいくことができます。

患者・地域社会に貢献できる

「薬剤師訪問サービス」はコストがかかる分、患者・地域社会に必要されている分野です。社会貢献度が高く、スキルアップできる機会に恵まれているともいえます。

薬剤師から見た「薬剤師訪問サービス」のデメリット

担当者不在時の対応にやや難点あり

担当制で一人の薬剤師が一人の患者についていると、その担当薬剤師が休みの時、対応がしにくくなってしまいます。しっかりとした情報共有を日々行うことが大切です。

根気強さが必要

耳の遠い患者、認知症の患者など患者によっては服薬指導が通常より困難なケースも多くあります。根気強くコミュニケーションをとれる薬剤師でなければなりません。また、コミュニケーションがうまくとれないというのは訪問サービスをおこなう薬剤師の悩みとして一番多く挙がるものです。高齢者とのコミュニケーションが不慣れな薬剤師にとっては苦労が絶えないと思いますが、そうした意味での根気強さも必要になってきます。

車の運転が不慣れな人は訪問サービスには向いていないかも?

患者の自宅まで送ってくれるドライバーがいる薬局ももちろんありますが、多くの薬剤師が自身で運転して薬を送り届けています。特に都心に住んでいてあまり車を運転しない方に訪問サービスは不向きかもしれません。

人員確保が十分でない場合忙しくなることも…

訪問サービス中の薬剤師が外出していると、薬局に残る薬剤師は少ない人数で業務を行わなくてはなりません。人員確保がしっかりされている薬局でないと、自分が在宅中でないときの業務が大変になってしまうこともあります。

大手薬剤師求人サイト【在宅業務あり】の薬剤師求人数の比較

大手薬剤師求人サイト 【在宅業務あり】の求人数
マイナビ薬剤師 436件
リクナビ薬剤師 5283件
薬キャリ 6435件
ファルマスタッフ 7132件

マイナビ、リクナビといった様々な業種を手掛ける企業の薬剤師専門求人サイトより、医療関連サービスの一環として薬剤師に特化した求人サービスを提供するM3の『薬キャリ』、メディカルリソースの『ファルマスタッフ』のほうが在宅業務ありの求人数が多かったです。

これまで「薬剤師訪問サービス」のメリット・デメリットをご紹介してきました。もっと薬剤師としてステップアップしていきたいと思う方は、【在宅業務あり】の求人からぜひ地域医療を支える医療職の一員として活躍の場を広げていってください。

その他・まとめ

確かに、少子高齢化による医療業界の人材ニーズはおおくなってきており、人材確保のためにさまざまな働き方が目につくようになっております。新しい働き方がでてきたときは「メリット」「夢」が先行しがちですが、インフラが整っていない分、大変な所もあります。その部分を少しでも補填できるようパートナーを見つけてよい求人案件に出会ってください。

– P R –

人気のある薬剤師求人サイト
リクナビ薬剤師

転職といえば王道リクルートグループ「リクナビ薬剤師」。膨大なネットワークで転職をフルサポートしてくれます。