ブライダル業界ってどうなっているの?チェックしておきたいニュースサイト

ブライダル業界って非常に華やかで綺麗でオシャレでやりがいのありそうなイメージですよね。でも働き方やビジネス展開ってどうなっているの?と思う方もいいです。一般的なイメージは結婚式場でのブライダルプランナー、衣装系のプランナーなどが有名でしょう。

しかし、もっと他にも様々な働き方で、企業によっては、マーケティング、店舗開発、商品開発、パッケージプラン、業務提携先発掘などなどあります。多くの関わり方があるのです。それを知ることで働きかたや企業リサーチも変わってきますので、その情報が集まるサイトをご紹介します。

ブライダル業界人のためのウェブマガジン「WEDDING EYE」

WEDDING EYEブライダル業界動向、業務オペレーションヒント、集客・マーケティング、組織作り、人材育成、スキルアップ、セミナーなど全体をカバーしているメディアです。キュレーターとは言いませんが、「editor」としてその道のプロが書くコラムに参加しています。

ブライダル総研

ブライダル総研「リクルート ブライダル総研」は、結婚情報誌「ゼクシィ」を企画運営する株式会社リクルートマーケティングパートナーズにおける調査・研究機関です。

「ゼクシィ」を運営しているリクルートグループだから可能なトレンドや市場動向などのデータをまとめて公開してくれています。ですので、ここのデータを使って自分なりに考えて、アイデアを膨らませて次に生かすという風に使えるサイトです。

ウェディングジャーナル

ウェディングジャーナルブライダル業界向け経営情報誌 Wedding Journal ウェディングジャーナルです。ブライダル業界のトレンドなど基本的なカテゴリーはありますが、pdf、jpgの画像化されておりますので、本を買ってくださいね。ということだと思います。リアルコンテンツとしては「ブライダル経営者サミット」なども開催中です。

コンテンツとしては素晴らしいものがありますので、ぜひ、チェックして欲しいです。

実際にブライダル業界に転職するとしたらどうしたらいいの?

リクナビNEXTやマイナビウェディングを運営しているマイナビ転職エージェントなど求人サイトを利用するのが一般的です。

しかし、ブライダル業界は華やかな裏でブラックでもあるとも言われている(噂ですが・・・)ので、自分で優良企業を見つけて就職するのは至難な技です。そんな時は人材紹介会社を使うのが良いわけです。企業も優秀な人材を欲しているので、人材紹介会社に集客してもらい、いい人を紹介してもらうというスキームを引いています。つまり、人材紹介会社と優良な、成長しているブライダル系企業はつながっているのです。

では、どんな人材紹介会社を使うべきかといいますと、

  • 求人サイトを見て取引先企業ロゴに優良・人気企業が掲載されている
  • 飲食業界特化型サイト
  • 飲食を業界経験してるアドバイザーが在籍している

がポイントです。求人案件数もポイントなのですが、やはり良い求人というものはそうそう出てこないです。

例えば、飲食業界専門のスカウト・転職支援サービスの【エフジョブ】を使うというの一つの手です。


エフジョブ

といったように、ロゴがしっかりとサイトに記載されております。

総合系「リクナビNEXT」や「マイナビ転職エージェント」ではやはり案件が分散してしまいます。ブライダル専門のサービス業というわけでもなく、コールセンターのサービス業なども数多くあるでしょう。【エフジョブ】であれば飲食専門なので案件は少ないですが積極的に採用をしようという企業が契約しています。そして、契約企業のロゴを抜粋紹介しているので飲食に対するプライドも感じられます。

最後に

ブライダル業界はサービス業の中でも、特殊といえます。1日で数百万円のお金が動くイベントであり人生の最高クラスの想い出と考えられているはずです。やりがいも高いですが、その分、重労働ともいえるでしょう。メディアで知識を吸収し、人材紹介などを有効利用して失敗しない職場選びを実現してください!

– P R –

飲食業界で働きたい・転職したい
×
ブラック飲食企業で働きたくない

とにかく飲食業界で働きたい!自分のスキルを存分にふるいたい!転職が初めて・・・など飲食業界で働きたいを叶えるなら「エフジョブ」。

市場には出回らない求人案件も多数保有しているので、情報収集の価値もあり。マンツーマンで就職先を支援してくれます。キャリアアップなどの相談も可能なのが「エフジョブ」です。

– P R –

日本人仕様国内最大級
「coincheck(コインチェック)」

日本最大級の仮想通貨取引所です。日本人の使いやすいデザインに仕上がっており3分で口座開設可能。話題のRipple(リップル)やNEM(ネム)も購入可能!

XPを購入する第一歩
「coinexchange」

日本人に人気のあるXPを購入する第一歩ならcoinexchangeからスタートです。他にも海外の草コインを購入できるので登録必須。