薬剤師の定年は何歳?65歳以上でも企業で働けるって本当?独立は?

はるかです

今の日本の状況をどうのこうのいえる立場ではございませんが、「いつまで働けるのか」というより「定年後の生活の心配」という意味で『定年キーワード』で求人案件を探されている方がいらっしゃいます。

薬剤師として、いつまで働けるのか?定年まで待つか、独立するのかなど少し市場と今までの転職支援から考えてみたいと思います。

一般的な「定年」とは

平成25年就労条件総合調査結果の概況:結果の概要(2 定年制等)(厚生労働省)を参考にすこしまとめてみました。

定年といいますと60歳が多く、実に80%以上の企業で定められております。しかし、年金受給制度が65歳に引き上げられ、それに合わせて企業も65歳まで引き上げるなど対応をしているようです。この背景には雇用がうまくいかない・人材不足というのもあります。

では薬剤師はどうかといいますと働き口・雇用先により異なります。小さな薬局であればご年配の方でも十分活躍されているのを見るかと思います。ですので、「定年」という概念がそこまで気にしなくてもよい業界でもあるのが薬剤師業界の特徴でもあるのです。

薬剤師の定年後の転職活動でありがちな失敗

薬剤師に限らず、団塊の世代がどっと定年を迎え、若年層だけではなく中高年の雇用が問題になっている昨今ですが、今では企業に延長雇用制度が義務付けられていますので、65歳頃まで継続して勤務される方も多いでしょう。その中でも『あえて』定年で退職し新たな道を探される方も、薬剤師業界では珍しいことではありません。しかし、安易な転職で失敗するケースもやはり存在します。

最もよく見られるのは、営業職や研究職等、調剤以外の業界に長年携わられてきた方が、調剤薬局への転身を同じ給与水準を求めて希望されるケース。残念ながら、これは大変難しいと言わざるを得ません。例外的にマネジメント経験があり、その経験を買われて現場ではなく経営幹部に直接アサインされるような場合は、現年収を保証、あるいは上回る条件での採用もありますが、ほんの一握り。通常であれば、限り年齢に関係なく、全く未経験から仕事を始めることになりますから、新卒と同じ、真摯に仕事を教えてもらおう、という意識が必要です。

実際、10年ほど前までは資格さえあれば誰でもよい、というレベルだった調剤薬局の採用基準は年々上がっており、人を見る目は厳しくなりつつあります。都心部の調剤薬局に定年後、未経験で就職する場合、フルタイムパートもしくは契約社員雇用で年収400万円に届くかどうか、が標準的な条件になろうかと思われます。

定年間近・定年後の就職・キャリアチェンジ

調剤薬局で長年キャリアを積まれてきた方で、企業への転職を希望される方は以前から多くいらっしゃいます。その多くは体力的な限界を理由に挙げられます。確かに立ち仕事、拘束時間も長めの調剤薬局での勤務は、年齢とともに厳しさを感じるものでしょう。

そういった方が希望される職種に、いわゆる『名義貸し』というものがあります。薬剤師資格が必要な工場や作業場等に週に1回程度出向き、サインするだけ、というものです。しかしこれは法律的な観点、コンプライアンス的な観点から劇的に数を減らしています。

とはいえ、上記のように、薬剤師を絶対的に欲している企業がなくなったわけではありません。安全管理や業務手順の作成、薬事法への対応等の仕事ができる方を求めている企業はあり、その多くが若手ではなく、一定上の年齢を経た方を求めていることが多いのです。

そして、それらの多くは求人広告やハローワークではなく、紹介エージェントを介しての募集です。募集人数が少なく、応募対応の手間を省きたいこと、専門的な仕事であると考える企業が多いことが主な理由です。こういったお仕事をお探しの方こそ、転職エージェントを利用されることをお勧めします。ただし、案件の数は多くはありません!紹介を受けたら、ぜひ積極的に応募してください。

無理なく働くことがポイント

定年後とはいいませんが、やはり年齢がかさむに合わせて体力がついていかないときがあります。ですので、無理なく働く事・仕事を選ぶ事が長く働くポイントになります。職場選びのポイントはいくつかあります。

  1. 自分の価値を知る
  2. 今後チャレンジしたい事を明確にする
  3. 自分のできる事を知る

価値とできる事が似て非なるものです。体力であったり・知識というものが変わってきます。家族をお持ちであるのであれば時間の確保であったり、体力的に急な休みをもらい迷惑をかけてしまうこともあったりと何かとイレギュラーなことも多くなります。

その辺りをしっかり把握し、棚卸しして仕事をしぼっていく事がより良い満足のいく仕事に就くことができます。

高年齢でも働ける求人

サンプルとして薬キャリをご紹介します。
yaku65top

「65歳」をフリーワードに検索したところ1,100件以上の求人案件がヒットしました。その中で、

「駅チカ/円山公園駅徒歩すぐ★年収500~650万円★残業ほぼなし」
定年
60歳以上でも応募可能です。60歳で転職されたとしても3年で退職金制度が適用されたりと、福利厚生もしっかりしております。

参照:薬キャリ

その他・まとめ

いかがでしたでしょうか。
実際に、大体50歳以上の方を新規採用する場合、正社員ではなくパートもしくは契約社員としての採用とするというルールを定めている求人企業が多くあります。正社員と契約社員の大きな違いは、(定年までの)無期雇用か、一定期間の契約期間を定めた雇用か。また契約社員は賞与や退職金制度がない場合もあります。契約社員で雇用契約を結ぶ場合は、賃金制度や各種福利厚生についての違い、契約更新についての条件等を、あらかじめしっかり確認しておくようにしましょう。

60歳程度まで企業で活躍された薬剤師さんで、調剤未経験から調剤薬局へ転職された方もいらっしゃいます。そのときは、採用担当者から「未経験で大丈夫だろうか?」と懸念点はありましたが、候補者のやる気とエージェントのサポートで内定獲得・入職を果たしました。(先に難しいと書きましたがエージェントの力とネットワークの有効活用ですね。)

定年になってどうしようか?まだ働いていきたいなと思うアクティブさをおもちであれば一度相談される事をおすすめします。転職エージェントのアドバイザーはそういった条件確認には慣れていますから、ぜひ活用してください。

– P R –

人気のある薬剤師求人サイト
リクナビ薬剤師

転職といえば王道リクルートグループ「リクナビ薬剤師」。膨大なネットワークで転職をフルサポートしてくれます。