トヨタの働き方改革から見るこれからの働き方

車

テレワーク、在宅ワークなど働き方に新しい風が吹いていますよね。中でも最近のインパクトが大きいのがなんといってもトヨタの働き方です。

 トヨタ自動車はほぼすべての総合職社員を対象とした在宅勤務制度を8月にも導入する。週1日、2時間だけ出社すれば、それ以外は自宅など社外で働ける。多様な働き方を認め、男性の育児や女性の活躍を後押しする。親の介護による離職も防ぐ。約2万5000人もの多数の社員を対象に、勤務の大部分を自宅でできるようにするのは異例。時間や場所に縛られない新しい働き方として広がる可能性がある。
引用:日本経済新聞-トヨタ、総合職に在宅勤務 8月めど2万5000人対象-

とん取り上げられて結構話題になっていますよね。

働きやすい環境整備を目標にしている

と思っています。

さすがに全国に拠点もありますし、海外にも展開している天下のトヨタなので、ちょっとやそっとのことで退職する方はいないと思います。

しかし、なぜにここまで「在宅」という新しい働き方を取り入れるのかを少し考えてみたのですが、

  • 新規人材の確保
  • 働く場所を選ばないことで生産量アップ
  • もしかしたら一部オフィスなどの経費削減
  • 介護のために離職せざるおえない社員の引き留め
  • 女性の活躍の場の提供

かなと、見ています。

もちろんトヨタには他にも素晴らしい福利厚生がありますが、その辺りも見直していくという感じです。

ネットの反応

在宅勤務を望む声も多いですよね。共働きが当たり前になってきている中、家族の時間だけは少なくなっていくという少々考えなくてはいけない時代をしっかり受け止めている証拠なのかなと。だからこそトヨタは人気あるのかなという感じです。

様々な企業に波及してほしい

ネット環境も整備されてきていますし、各社員25,000人の交通費を毎月考えたら、スーパーなインフラエンジニアを採用して、セキュリティ強固な環境を提供し、自宅で作業をするというのも今のニーズに非常にマッチしていると思います。非常に素晴らしい取り組みかと・・・

リクルートUFJなど大手でも在宅は取り組みが始まっていますし、政府でもテレワークの動きにかなり力を入れて働き手を増やそう(雇用創出)としています。この波に乗れない、乗ろうとしないでいつまでも出勤して当たり前企業は衰退していくのでしょうね。と勝手に思っています。

波に飲まれない人生を送るためにちょっとしたアドバイス

転職って考えた事ありますか??

やはり動きの早い企業は伸びているます。成長率200%や福利厚生の拡充、社員を大切にする施策など、見えない部分で頑張っている企業がたくさんあります。もし転職や興味ある企業がいるのであれば、求人媒体は使わず人材紹介会社を利用すべきです。「え?」と思うかもしれませんが、それも時代の流れです。

リクルートであればリクルートエージェント、マイナビであればマイナビ転職エージェント、ITやWebであれば(最近はたくさんありますすぎますが・・・)レバテックキャリアワークポートが有名です。

トヨタに負けないくらいの素晴らしい環境、やりがいのある会社に出会えることを祈っています。いや、本当に。