未上場の持株会に入会する時にチェックしたほしい4つのポイント

さてさてみなさんの働く環境で持株会・持株制度というのを利用されている方も多いはずです。転職先で、または、新卒で入社された持株制度があり、大喜びされているかとも多いはずです。特に未上場の場合は上場した時の上げ幅によりめちゃくちゃ得をする可能性が十分ありますから・・・

普通に公開株を買った場合1株1,000円で100株単位からの購入となると最低で100,000円必要です。しかも、今後のビジネス戦略により乱降下するかもしれませんし、大手有名どころの企業のように倒産などなど・・・ありえますからね。

でも、なぜに「社畜造成プログラム」なのか、ご紹介したいと思います。

未上場の持株会に入会する時にチェックしたほしい4つのポイント

会社の養分になってしまう可能性もある

持株会の株はもちろん銀行や証券会社の運用になりますが、会社への投資金ということを忘れないことです。銀行が企業へ融資(会社が銀行から借金する)のと同じです。社員からお金を徴収し、会社の運転資金にあてることが大半です。

ですので、数十万円でも毎月入金があるのであれば、会社の設備などに回す、または接待などに回されてしまうなどもあります。

 株式会社と名がついていても、その株式を社長一族が持っているのであれば、会社の権力は社長一族に集中します。逆に言えば、それは社長一族がやりたい放題出来るとも言えます。
引用:家族経営の会社にブラック企業多し!同族経営による身内以外を搾取するシステムとは?

など注意してください。

会社概要の取締役をチェックすることが大切です。

上場する準備態勢を確認すること

未上場の持株会のメリットは何と言っても上場時の株の値上げ幅です。

従業員持株会(持株制度)の主なメリット

  • 奨励金などで時価よりも安い価格で株が買える
  • 会社の業績が上がれば株価も上がり儲かる
  • 毎月の天引積立になるので安心
  • 未上場の企業が、上場すれば大きなリターンになる

しかし、上場しなくてはただの紙切れであり、数パーセントの配当金しか受け取れない可能性が多いです。会社によりますが5%から10%のプラスアルファをつけて持株会は運営されています。すまち10,000円分購入すると500円から1,000円のプラスがあるわけです。それで満足できれば良いですが・・・考えてみてください。10,000円で何ができますか??いろいろなことができますよね。

上場の準備態勢というは、
ipoaa引用:<IPO専門家が教える>上場の準備は3年前から始めなければ間に合わない

でも紹介されています通り、最低3年かかるのです。その態勢ができているのかチェックしてみましょう。

どのくらいの社員が入会しているのか確認してみる

上場を目指すとなると、それなりの覚悟や企業の方向性が問われます。ITベンチャーであればあっという間に上場してしまうケースが多いですが、ゆっくりとした会社の場合は会社運営されて社員のいれかわりなどもあるでしょうからその社員がどれだけ持株会に魅力をもち、入会しているのかも気にしてみると面白いです。

考えてみればわかると思いますが、持株会は大概が給与天引きです。ですので、社員の過半数以上が入会しているのであれば「会社一丸となり上場を目指している」ととっても過言でもないでしょう。逆に入会していない人が多いのであれば、そこからみてとれるのは「会社に興味はないor会社に期待していない」という感じです。

持株会が出来てからの年数を確認してみる

上場の準備態勢と少し同じような話になるかもしれませんが、持株会が出来てからいったいどのくらいの期間が経っているのでしょうか。10年?5年?いや逆に15年?などなど・・・

長い期間何をやってきたのだろうと思います。持株会は上場しても有効です。むしろ、わけのわからないお金持ちに会社を購入されないように自社社員で株保有率を少しでも保つという点を考えると大切なことなのです。しかし、上場すると公言しておきながらいつまでたっても上場準備態勢にならないのも裏があるかもしれませんよね。

口だけ社長に騙されないように

社長の上場を目指しているの口車にだまされないようにしましょうね。言うは易しするは難しというコトワザがある通りだと肌で感じることがあります。いいつづけて10年たっている企業などあれば売れる仕組みをつくれないまま10年きている、または、なにかしら難があり上場できないまま担っているなどです。会社の経営は全て社長の判断によるものなので、結局はその程度だと認識しておきましょう。

10年選手で「未上場で持株会に入会するメリットがたくさんある」と社長が言い続けていた場合、「なぜ10年前から上場を目標に掲げているにもかかわらずこの状況なのか説明してください」と切り返したあと、社長が黙り込んでしまったらその会社の持株は買わないほうが良いかもしれませんよ。

持ち株制度を別の視点で考えてみよう!

持株会では「出資金額の10%」「5%」を奨励金として支給されたりするのが一般的です。

出資金額の10%、毎月20,000円の出資の場合は、毎月2,000円の奨励金となり、総額264,000円(240,000円の出資+24,000円奨励金)となります。240,000円預けている感じで利息24,000円です!利息10%の金融商品と同じでもあるのです。銀行に預けていても利息0.005%などあってないようなものです。

全く上場しないから意味がない!という考え方でなく、郵便局や銀行に預けるのであれば持株会で利息稼ぎも十分な資産運用ともなるのです。年利10%、5%の金融商品は他にありますでしょうか。

最後に

どんな商品・サービスにもメリット・デメリットがあります。もちろん持株会にもあります。

チェックしてほしい4つのポイント

  • 会社の養分になってしまわないか
  • 上場する準備態勢をしているのか
  • どのくらいの社員が入会しているのか
  • 持株会が出来てからの年数はどれくらいたっているのか

メリットとしての考え方は、「銀行に預けるよりも利率はめちゃくちゃ良い」です。

企業は未曾有の人材不足です。人材確保のために、「上場を視野に入れている」「IPOを目指す」などさまざまな集客文句がありますが、面接・面談などどざっくばらんに話す機会があれば、この部分も会話してみてもおもしろいかもしれませんよね。